カテゴリ:風景・景観/福岡( 16 )

駅前のドラえもん

a0189883_23321668.jpg

博多駅前広場、ドラえもんがいっぱい!
これは、福岡アジア美術館で開催中の「生誕80周年記念 藤子・F・不二雄展」をPRするもの。
色んな表情のドラえもんが、ヘンリー・ムーアの彫刻を取り囲むように配置されています。
a0189883_23384531.jpg


ゴールデンウィークで家族連れに大人気!
うちの娘もすべてのドラえもんと一緒に写真を撮りました(^_^;)
a0189883_23394658.jpg


多くの人が訪れる福岡の玄関口「博多駅」。
駅前広場はミニテーマパークとなっていました。
これからも数々の仕掛けで、訪れる人を魅了してくれることでしょうね。
[PR]
by inkmpen | 2014-05-05 23:29 | 風景・景観/福岡 | Comments(4)

タイムスリップした風景

a0189883_65359100.jpg

博多、普賢堂通り。
聖福寺周辺の御供所地区は、歴史重ねる博多の街並みの中でも特に昭和の風情が色濃く残る地域。
中でも博多で一番古い道と言われるこの普賢堂通りは、細く少しゆがんでおり、昔からの形を残しているといわれています。

このホーロー看板もいい味を出していますね~
a0189883_7131991.jpg


福岡市の景観形成地区にも指定されている御供所地区。
まちづくり協議会が結成され、地域と行政などが一体となって街並みを保全する取り組みが進行中です。
ガイドラインに基づく景観に配慮した建築も次々に建っています。
昔ながらの町屋は姿を消しつつありますが、その面影を残す地区として、末永くその風情を保全してもらいたいものです。
[PR]
by inkmpen | 2014-05-03 23:45 | 風景・景観/福岡 | Comments(0)

古刹 聖福寺

a0189883_0132897.jpg


国指定史跡 聖福寺。
臨済宗の開祖、栄西が1195年に開いた日本最初の禅寺。
博多のまちなかとは思えない、境内には静寂とした空間が広がっています。

寺の塀はいわゆる「博多塀」と呼ばれるもの。
a0189883_028457.jpg

秀吉時代の太閤町割りの時に誕生した、瓦などの廃材を活用したリサイクル塀。
独特の紋様が特徴的です。

重要文化財の山門。
a0189883_0301760.jpg

ちなみに門の前に座るカップルは、座ってDSをしていたようです・・・

屋根には鬼がわらが。
a0189883_0325716.jpg


通りすがりのおばちゃんとネコ。
a0189883_0334947.jpg


境内の参道。
a0189883_0343392.jpg

歴史と自然を感じながら、散歩にちょうどいい空間です。

博多の歴史を物語る聖福寺。
近辺にも複数の寺が集中し、寺町界隈を形成しています。
都会のオアシスとして、これからも歴史を積み重ねていくことでしょう。
[PR]
by inkmpen | 2014-05-02 23:10 | 風景・景観/福岡 | Comments(0)

博多の新名所

a0189883_23131343.jpg


娘との二人旅。帰りのバスまで時間があったので、かねてから行ってみたかった場所へ。
「博多千年門」
博多駅より歩いて約10分、承天寺など古刹が建ち並ぶ御供所町界隈の入り口に先月に完成。
博多のこれまでの歴史の積み重ねと、これから1000年先までの繁栄を祈念し名付けられたという門は、博多の新たなシンボルとして期待されます。

a0189883_23224863.jpg

門が建つ「承天寺通り」は、名前のごとく承天寺を突き抜ける通り。
以前は一つの敷地だった承天寺は、戦後の都市計画により築造されたこの通りにより南北に分断されています。
しかし、この度、通りが公園化され、承天寺に一体感が生まれています。

その承天寺。仁治2年(1241年)に創建。
a0189883_23311045.jpg

ビルに囲まれながらも、歴史の重みを感じさせるお寺です。
博多を代表する山笠の発祥の地とも言われます。

a0189883_23335840.jpg

仏殿も風格があります。
それにしてもダメだよ~灯篭に乗っちゃ・・・(汗)

5月はどんたく、7月は山笠。
そして秋にはライトアップウォークも開催される承天寺界隈。
千年門という新たな魅力が加わった博多。
ハードとソフトの相乗効果により、これからもますます賑わうことでしょうね。
[PR]
by inkmpen | 2014-05-01 23:12 | 風景・景観/福岡 | Comments(2)

福岡モノクロスナップ

年もあけて、はやくも1か月近くが経過。
福岡帰省からもそれくらいが経とうとしていますが、何とか最後の投稿です(^_^;)
撮りためた街の風景、モノクロにて。

都市高速、室見川河口に架かる橋梁。
この橋梁は、土木と建築の専門家が協力してデザイン。
都会的なセンスが輝いています。
a0189883_1243379.jpg


天満宮横丁
a0189883_149449.jpg


天神 警固公園
a0189883_1274877.jpg


アクロス福岡 内部
a0189883_1484697.jpg


自転車のまち フクオカ
駐輪問題はどこも深刻です。
a0189883_1522924.jpg


ルイヴィトン
a0189883_1525070.jpg


ネクサス百道 Mグレイブス棟
a0189883_154938.jpg


ウォーターランド&福岡タワー
a0189883_1545945.jpg


都市高速福重JCT
a0189883_1552496.jpg


何ともまとまりのないショットでしたが・・・
今度はゆっくりと歩いてみたいものです。
[PR]
by inkmpen | 2013-01-28 01:58 | 風景・景観/福岡 | Comments(12)

都会の神域

福岡天神 水鏡天満宮。
a0189883_7582326.jpg

アクロス福岡の北側に鎮座し、ビルに囲まれている神社。
狭い境内ですが、色んな光景が見られます。
a0189883_7492491.jpg

a0189883_7515811.jpg

a0189883_7521712.jpg

a0189883_7524117.jpg

都会の中で、長きに渡ってこの地域を見守ってきた神社。
行きかう人たちにとって、この神社はとても身近な存在。
通りすがりに参拝する姿が見られます。
a0189883_7473517.jpg

a0189883_756397.jpg

神社脇の路地には、小さなお食事処が並んでます。
サラリーマンやOLさんのオアシスでしょうか。
a0189883_7593144.jpg

福岡市都市景観賞も受賞している神社。
心のオアシスとして、これからも色んな人たちを見守ってくれることでしょうね。
a0189883_7501756.jpg

[PR]
by inkmpen | 2013-01-24 08:04 | 風景・景観/福岡 | Comments(7)

福岡市役所界隈のアート&都市空間

福岡市役所前、ふれあい広場の「プリ・マヴェーラ」
a0189883_055453.jpg

都会の空間で舞う女性の姿は、華やかなまちの象徴のようです。

奥さんの実家のある福岡に正月明けに帰省。
慌ただしい帰省でしたが、奥さんが友人と会っている間にちょっと小一時間、天神をブラブラしてみました。
まず立ち寄ってみたのが、以前、1年間通った福岡市役所周辺。
九州一の繁華街の都市空間には、アートや建築など様々な仕掛けがあり、街行く人の目を楽しませてくれます。

こちらは、「プリーズ・リクエスト」。通称「サックスおじさん」。
a0189883_0103539.jpg

この横で、写真を撮る人多数。
楽しいまちの象徴のようです。

福岡の代表的建築、「アクロス福岡」。
a0189883_23383763.jpg

誰もが注目し癒される、ステップガーデンの緑。
目の前の天神中央公園の緑と連続して、見事な緑の都市空間を形成しています。
ただ、真冬のこの日、目の前の公園に人影はまばらでした。

アクロス福岡前の「スターゲート」。
a0189883_23465459.jpg

情報彫刻家、菊竹清文氏作。アジアに開かれた福岡を想起させる作品です。

大丸のパサージュ広場。
a0189883_23513429.jpg

二つのビルの間に架けられた背の高いアーケードが、開放的な空間を生み出しています。
そのパサージュ広場には、数々の楽しい彫刻が。
a0189883_2359652.jpg

a0189883_23594466.jpg

広場内の店のファサード。
各店舗、統一感のあるデザイン。
a0189883_014012.jpg


福岡市文学館「赤煉瓦文化館」。
東京駅を設計した巨匠、辰野金吾が設計したレンガ建築。
国の重要文化財です。
a0189883_0162768.jpg


最後は、西中島橋から中洲を望む川沿いの景観。
a0189883_0221370.jpg

不況や広告形態が変わった影響からか、以前に比べネオンがめっきり少なくなった中洲。
ネオンが輝く中洲らしい景観を取り戻して欲しいものです。

ところで、年明けて随分経ちました。
今年はブログの更新がんばるぞーー!と意気込んでいましたが、前回の更新から2週間。
既に頑張っていない様ではありますが、気長に更新していこうと思います。
ぼちぼちがんばろっと(^_^;)
[PR]
by inkmpen | 2013-01-16 23:47 | 風景・景観/福岡 | Comments(12)

糸島の海

福岡市長垂海岸。糸島半島の入口に位置するビーチ。
a0189883_22245420.jpg

10日~14日まで福岡の奥さんの実家へと帰省。
それに合わせて、福岡でお世話になった先輩のお宅を訪問しました。
長垂海岸は、先輩宅の御近所。
海岸沿いは公園が整備されていて、とても快適空間♪
a0189883_22304580.jpg

能古島が見える海岸で砂遊び。
子供ってすぐ仲良くなるんですね~ 
a0189883_22315984.jpg

ベンチで語らう女子たち。青春だな~
a0189883_22353564.jpg


お次は、夕日が美しい芥屋海水浴場。
こちらでも砂遊びです。
a0189883_7115060.jpg


最後は、毎年欠かさず訪問する芥屋大門(けやのおおと)
美しい風景です。
a0189883_2244235.jpg


自然豊かな糸島半島。
綺麗な風景が多くの人を魅了しています。
大切に残していって欲しいものです。
[PR]
by inkmpen | 2012-08-16 22:47 | 風景・景観/福岡 | Comments(6)

唐戸市場の風景

北九州レポート5回目。
今回は関門海峡を渡り、下関へと向かいます。
下関と言えば・・・「ふぐ」ならぬ「ふく」。
a0189883_673356.jpg

そのふくをはじめ、活きのいい海産物が揃う、名所「唐戸市場」へとやってきました。
a0189883_692371.jpg

市場は海峡をイメージする斬新なデザイン。屋上は芝生広場になっていて、関門海峡を一望できます。
a0189883_6102681.jpg

船が行き交う海峡と門司港の街並み。門司港の街並みは景観誘導の甲斐あって、概ねベージュ系や茶系の色彩の建物に統一されつつあります。
a0189883_6153566.jpg

その中で黒の高層マンション「「門司港レトロハイマート」がそびえます。門司港で見た時は、ただ一つ黒で存在感がありましたが、下関側から見ると背景の山々に見事に調和しています。
黒川紀章氏のこだわりで、黒は黒でもグリーンが混ざった「利休鼠」という黒を用いているから、山の緑と調和しやすいとのことです。
下関の港の風景も情緒あります。
a0189883_6161169.jpg

一方、唐戸市場の内部は・・・ 昼過ぎであったためか、既に閑散としていました。
一仕事終えた市場、どこか情緒あります。
a0189883_618696.jpg

でも、一部のお店が開いてました。
a0189883_619591.jpg

下関からの帰りは、関門橋下のパーキングエリアに立ち寄ります。
ここでは迫力ある長大橋の構造美を堪能できます。
a0189883_6201071.jpg


以上で北九州での研修は終了。様々な取組みについて大変勉強になるとともに、色んな街の表情を見ることが出来てとても満足でした。
北九州市の皆さん、有難うございました。

帰りは博多に立ち寄ります。博多シティのイルミネーションがこれまた美しい!
それにしても今の時期、夜景ネタがどうしても多くなります・・・
a0189883_632561.jpg

a0189883_629644.jpg

a0189883_6295228.jpg

夜景を堪能して、前の職場の先輩と一杯飲んで、宮崎へと戻りました。

北九州のレポート、今回で一応終了です。

でも、つづく・・・
[PR]
by inkmpen | 2011-12-16 06:31 | 風景・景観/福岡 | Comments(4)

新しさを感じるレトロな街

北九州レポート4回目。
a0189883_1381825.jpg

黒の斬新なデザイン、31階建てのタワーマンションがシンボリックな門司港レトロ地区へとやってきました。
このマンション「門司港レトロハイマート」は黒川紀章の設計。最上階は展望室となっており、103mの高さから関門海峡を見渡すことが出来ます。
a0189883_1405365.jpg

この地区は、明治から昭和初期にかけて栄えた門司港地区の歴史的建造物を活かして、昭和63年より新たな街並みを整備しています。
歴史と現代が上手く融合した街並み。街並みというよりは、「レトロ」のテーマパークのようです。
a0189883_1581177.jpg

歴史的建造物の代表格、門司港駅。
a0189883_1522541.jpg

旧門司三井倶楽部。
a0189883_225910.jpg

国際友好記念図書館。人力車も走っています。観光客に好評のようです。
a0189883_242167.jpg

門司港キャラの「バナナマン」。バナナたたき売りの発祥は門司港地区。
芸人にもいますが、こちらが元祖「バナナマン」でしょうか?
a0189883_253490.jpg

ブルーウィングもじから見る関門橋。街のいたる場所から関門橋を見ることができます。開放的な街並みです。
a0189883_262272.jpg

門司港発祥の焼きカレー。注目のグルメです。これを目当てに来る方も多いとか。
海峡を望むことのできる展望レストランで頂きました。
a0189883_285523.jpg

観光客が目立つこの地区ですが、地元の女子高校生でしょうか。日常的な風景もあります。
a0189883_294970.jpg


この門司港レトロ地区、20年もの間、北九州市をはじめ市民や民間レベルの努力により、レトロな景観が保全・創出されています。
多くの人たちの知恵と工夫で、今や九州・日本を代表する街並みとなりました。
おかげで年間観光客200万人以上。
歴史的な中にも、斬新さを感じる街並み、そしてグルメ。これからも大いに発展することと思います。
その努力に敬意を表しつつ、次は下関へと向かいます。

つづく・・・
[PR]
by inkmpen | 2011-12-07 11:55 | 風景・景観/福岡 | Comments(2)


宮崎に住むアラフォーパパ。まちの風景・日々の出来事などを写真とともに綴ります。気長にやっていこうと思います。


by 伊津呂 inkmpen

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

今年もイルミネーション
at 2015-12-25 00:42
晩秋のダム湖畔
at 2015-12-17 23:31
2つのANNIVERSARY
at 2015-12-04 22:13
写真展「私の宮崎」
at 2015-12-01 04:55
土木写真部写真展
at 2015-11-29 23:40
いきいき運動会!
at 2015-10-16 00:37
秋晴れの運動会
at 2015-10-07 06:37
入学&入園
at 2015-04-14 23:38
祖母の旅立ち
at 2015-04-07 22:04
桜のはなびらたち
at 2015-04-07 08:06

以前の記事

2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
more...

フォロー中のブログ

フランス存在日記
KILN ART SHO...
すずちゃんのカメラ!かめ...
Yesterday's*...
VINO! VINO! ...
nanako*sweet...
Black Face S...
アモーレがいっぱい
Cha*Cha not...
日記のような写真を
Until now an...
彩々な風景 ~A Day...
Silver Oblivion
景観散歩日和
松竹建築設計事務所・・・...
食すてふ ~ 美味! つ...
Chaco's Viol...
N-Line
RAKUEN CAFE ...

ブックマーク

カテゴリ

全体
日記
風景・景観/宮崎市内
風景・景観/中心市街地
風景・景観/我が家近所
風景・景観/大淀川
風景・景観/高岡・綾
風景・景観/西都・児湯
風景・景観/県北
風景・景観/県南
風景・景観/県外
風景・景観/福岡
風景・景観/東京
風景・景観/海外
風景・景観/県西
まちづくり
ヒコーキ
鉄道
バイク・ツーリング
建設
スポーツ
未分類

タグ

(171)
(143)
(126)
(123)
(50)
(31)
(31)
(25)
(25)
(22)
(17)
(13)
(12)
(12)
(11)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusgo..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
芝桜 in KOBE
from Yesterday's*note

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
建築・プロダクト

画像一覧