ブログトップ

伊津呂の気ままな写真日記 -風景を訪ねて-

宮崎に住むアラフォーパパ。まちの風景・日々の出来事などを写真とともに綴ります。気長にやっていこうと思います。


by 伊津呂 inkmpen
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

80年の歴史が語るディテール

昨日の県庁。相変わらず威風堂々とした風貌です。
a0189883_6344639.jpg

正面玄関の電灯。すっきり豪華なデザインです。
a0189883_6361100.jpg

宮崎のシンボル景観を形成している建物ということから、宮崎市の景観重要建造物にも指定されています。
正面玄関にはそのプレートが掲げられています。
新たな宮崎のゆるキャラ「みやざき犬」もお出迎えです。
a0189883_6382093.jpg

正面玄関前の階段。大理石が使用された豪華なデザイン。
a0189883_6364828.jpg

階段空間。
a0189883_6391354.jpg

シンプルだけど、程よいアクセントのステンドグラス。
a0189883_6395812.jpg

中庭の壁面は白。青空とのコントラストが美しいですね。
a0189883_6482457.jpg


その県庁は今年で竣工80周年。その記念展示が県庁講堂で実施されています。
a0189883_6405135.jpg

講堂は旧県会議事堂です。80周年の展示会にふさわしい風格のある会場。
パーツごとのディテールも凝った造りで美しいです。歴史を感じます。
a0189883_643058.jpg

a0189883_6461328.jpg

a0189883_6463153.jpg

a0189883_6464790.jpg

a0189883_6484180.jpg

歴史物語る様々な展示がありますが、目を引いたのはこちら。
昭和7年以前の土木課の様子です。
当時はここで図面設計から工事の積算まで行っていたとのこと。
土木技師さんには蝶ネクタイの方もいます。
ハイカラな職業だったんでしょうね~
a0189883_6453871.jpg


防災や老朽化のために全国的に現代的な県庁舎が建てられる中、宮崎県庁舎はまだまだ現役です。
しかし80年というと、歴史的建築ではまだまだ若い部類なんでしょうが、明治以降に発展した宮崎県の歴史を物語る上では欠かせない歴史的建造物です。
これからも大切に見守っていきたいものです。

ちなみにブロ先輩のkeikansanさんのページでも展示会が紹介されてますよ!!
ブログ景観散歩日和
by inkmpen | 2012-10-06 06:51 | 風景・景観/中心市街地